Cách tra từ mới nhanh !

◆ Trường hợp trên máy tính

1. Double click chuột vào từ cần tra
2. Popup từ điển được hiển thị, bấm vào biểu tượng bookmark
Từ được bookmark sẽ được làm nổi bật
Từ được bookmark cũng sẽ được lưu trong lịch sử tra từ (Chọn Từ điển -> Từ đã bookmark )
赤毛組合 Page 3

私は依頼人からその新聞を受け取った。記事は下記のようなものだった。

赤毛組合員募集
アメリカ、ペンシルバニア、レバノンの故エゼキア・ホプキンスの遺産を原資とした組合で、形だけの勤務で、週に4ポンド*の給与を得る資格がある組合員の欠員が1名発生。21歳以上で、心身共に健全な赤毛の男性ならだれでも応募資格あり。本人が応募すること。月曜日11時に、フリート通り、ポープズコート 7リーグの事務所のダンカン・ロスまで。

「一体これはなんの話だ?」私はこのおかしな広告を二度読み返して、思わず叫んだ。

illustration

ホームズは含み笑いをして、上機嫌な時はいつもやるように、イスの上で落ち着きなく体を動かした。「これはちょっとばかり常軌を逸しているだろう?」ホームズは言った。「さて、ウィルソンさん、最初から話してください。あなたの事、あなたの使用人の事、それからこの広告があなたにどんな幸運をもたらしたかについて。ワトソン、まず新聞の名前と日付を記録してくれ」

「モーニング・クロニクル 1890年4月27日。ちょうど2ヶ月前だ」

「ありがとう。ウィルソンさん、さあどうぞ」

「はい、ホームズさん。さっきお話したとおり…」ジャベズ・ウィルソンは額を拭きながら言った。「私はシティ近くのコバーグ・スクエアで小さな質屋を営んでいます。大きな商いではありません。とくに最近では、やっと生活できる程度でした。ずっと使用人を二人雇ってきていたのですが、今では一人だけです。一人分の給料を払うのも、本来なら大変だったはずですが、今の使用人は、仕事を勉強するためだから、給料は半分でいいと言うので助かっています」

「その気前のいい使用人の名前は?」シャーロックホームズは聞いた。

「名前は、ビンセント・スポールディングです。年齢は、はっきり知りませんが、それほど若くもありません。ホームズさん、彼以上にしっかりした助手はちょっと望めません。もっと良い職場に行けば、うちが出せる金額の二倍の稼ぎも可能なことは、十分承知しています。しかし最終的にうちで満足しているなら、私がどうしてそんな事を吹き込まなければならんのですか?」

「まあ、確かにそうですね。相場よりも安くでいいという従業員を雇えたのは、実に幸運でしたね。この時代の雇用主としてはそうあることではない。さっきの広告よりも、むしろその使用人の方が珍しくないかという気もしますね」

「もちろん欠点がないわけではありません」ウィルソン氏は言った。「あれほど写真に凝っている人間はちょっといません。勉強しなければならない時に、あちこちカメラを持って出かけては写す、そしてウサギが穴にもぐりこむように、写真を現像しに地下室に飛び込む、それがあの男の主な問題点です。しかし全体としてはよく働いています。不道徳なことも一切しません」

「今でも、あなたの店で働いているんですね?」

「そうです。家にはスポールディングと、簡単な料理と掃除をする14歳の少女がいます。私は男やもめで子供もいないので、家にいる人間はこれで全てです。三人だけの非常にひっそりとした暮らしです。住む家を確保して借金を返す、最低限の事だけです」

「最初に説明しなければいけないのは、例の広告です。八週間前の今日、スポールディングが、今ここにある新聞を持って事務所に入って来て、こんな風に言いました」

「『ああ、ウィルソンさん、俺が赤毛の男ならなあ』」

「『なぜそんなことを?』私は訊きました」

illustration

「『なぜって』彼は言いました。『赤毛組合にまた一つ空きができたんです。これに加入した人は相当な金になるし、知る限りでは加入者より空きの方が多いので、理事は、資金をどう使おうか途方に暮れているらしいですね。もし俺の髪の色が変わりさえすれば、どうぞ入って食べていって下さいと言わんばかりのごちそうが並んでいるのに』」

「『は?いったいそれは何だ?』私は訊きました。質屋というのは、こちらから出かけて行かずに向こうからやって来る商売ですので、私は非常に出不精です。よく玄関から一歩も出ずに何週間も過ごしたりします。こんな風だから、外で何が起きているかあまり知りません。だから、私にはちょっとしたニュースがいつもありがたいんです」

「『赤毛組合について聞いたこともないんですか?』彼はびっくりした様子で答えました」

「『全然』」

「『おやおや、不思議ですね。あなたなら欠員への応募資格があるのに』」

「『それに応募して何か価値があるのか?』私は尋ねました」

「『まあ、年200ポンド*ぽっちですが、でも仕事は本当にわずかで、他の仕事にそう影響がないようです』」

「私が耳をそばだてたのは想像がつくでしょう。数年間、仕事はあまり上手くいっていません。200ポンド*の副収入があればとても役に立つはずです」

「『詳しく教えてくれ』私は言いました」

「『まあ』スポールディングは私に広告を見せながら、言いました。『どうぞご自分で確認してください。組合に欠員が出来たようです。詳細については、これが応募先の住所です。知っている限りでは、その組合はアメリカ人のエゼキア・ホプキンスという億万長者が創設したらしいです。かなり変わった男でね。自分が赤毛のため、赤毛の男全体に非常に共感を抱いていたということです。だから死ぬ時、巨額の財産を基金として、保管人の手に委ねたんです。利子を使って、赤毛の男に簡単な仕事を用意するようにという指示を出しましてね。本当にちょっとした仕事で素晴らしい支払いがあると聞いています』」

「『しかし』私は言いました。『応募資格がある赤毛の男は無数にいるだろう』」

「『思うほど多くないですよ』スポールディングは答えました。『ロンドン在住の成人男子に限定されているんです。このアメリカ人は若い時にロンドンで仕事を始めたので、この町に何か恩返しをしたいと思ったようです。さらに、聞くところによると、もし髪の毛が薄赤とか、濃い赤とか、そういう場合は応募しても無駄らしいですよ。本当の明るい輝かしい燃えるような赤でないとね。ウィルソンさん、もし応募する気があるのなら、あなただったら楽勝かもしれませんよ。しかしまあ、たった200ポンド*のために時間を掛けて出かける値打ちがあるかは分かりませんがね』」

「ご覧のとおり、私の髪が完全に真っ赤なのは事実です。もしこの赤毛の度合いの競技会でも開かれれば、これまでに出会ったどんな男と対戦しても、勝てる見込みはあるように思えました。ビンセント・スポールディングはこの組合について、相当詳しいようなので、役に立ちそうな気がしました。それで、その日は店を閉めて私と一緒に行くように彼に指示しました。彼はとても休みを欲しがっていましたので、私たちは店を閉め、広告に載っていた住所に出かけました」

2018 © Công ty JaVoca