BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


A350-1000が東京初飛来へ JALも導入(Aviation Wire)

 エアバス大型機A350-1000が、2東京飛来する。中東アジア太平洋地域への3週間わたるデモンストレーションツアー一環で、週間以内予定ているカタール航空(QTR/QR)への初号納入行われる。



 ツアー使用する機体は、3ある飛行試験機うち垂直尾翼カーボン模様塗装施された2MSN065、登録番号F-WLXV)。3クラス295ビジネス40エコノミープラス36エコノミー219)の客室装備なされた試験機で、運航エアバス飛行試験担当する乗務担当する。

 訪問ドーハマスカット香港ソウル台北ハノイシンガポールバンコクシドニーオークランド東京マニラの12都市。3海里(55500キロ以上飛行する。26開幕するシンガポール航空ショー期間は、6から8まで会場展示する。

 A350-1000は、A350 XWBファミリー胴体最長なる機体全長は73.78メートルで、標準で66.8メートルのA350-900より6.98メートル長い座席メーカー標準仕様で3クラス366と、A350-900の325より41多く航続距離は7950海里(14350キロ)、最大離陸重量は308トンなるエンジンロールスロイストレントXWB-97を搭載する。

 システムの95がA350-900と共通で、タイプレーティング機種操縦資格取得)も共通主翼後縁改良され、メインランディングギア主脚)は6もの改められた。201711には、EASA欧州航空安全)とFAA米国連邦航空)から型式証明同時取得た。

 201712現在、A350 XWB受注は854で、このうちA350-1000は11顧客が169確定発注日本航空会社では、日本航空(JAL/JL、9201)がボーイング777型機後継機て、A350-900とA350-1000を合わせ最大56導入する。確定発注はA350-900が18、A350-1000が13の31なっている。就航予定は2019で、777を6程度置き換える。A350-1000は、長距離国際777-300ERの後継なる見通し
Source: yahoo.co.jp