BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


駆け抜ける喜びをエクステリアでも感じてもらいたい…BMW i3 改良新型[インタビュー](レスポンス)

BMW電気自動車BMW『i3』がマイナーチェンジた。これまでグローバルおよそ97000販売れたi3について、日本市場ユーザー購入動機そして今回変更ポイントBMWジャパンサブブランド“i”の責任者務めるホルムリヒター聞いた。



◇i3の多くBMWユーザー

---:i3は2013欧州発表、20144月に日本発売れて以降4経過た。そこで日本BMW i3を購入ユーザーどういったちですか。

リヒター非常に誇らしいのですが、新規ユーザーつまりこれまで BMW乗っことないお客様購入てもらっています。こういっ方々は、これまで様々ブランド検討購入たと思いますが、今回は、BMWのiというサブブランドユニーク生い立ちキャラクター説得材料なりまたそこ共感てもらえたのでょう。

またこのたち幅広い年齢性別職業多岐渡っていますので、そういっダイバースところBMW iブランド象徴ていると思います。

---なぜそこまで新規ユーザー魅力感じたのでょう。

リヒターそれ意外性です。つまりBMW歴史的てもエンジンですよね。シルキーシックス呼ばれる直列6気筒官能的サウンドそういっところから感じせるスポーティあります。

一方EV真逆あたります。例えば静かや、エコサスティナブルいっイメージですよね。そういっ方向向かうべく大胆判断BMW iプロジェクトはじまり、i3がデビューた。そこ対する驚きや、また挑戦対し新規お客様共感てくれたのです。

駆け抜ける喜びワンペダルフィーリングでも

---そういったちがi3を購入動機ですか。

リヒターとても素晴らしいドライビングエクスペリエンスです。特にテストドライブ方々反応驚きです。

---運転する喜びBMW提唱する駆け抜ける喜び”という部分は、これまでBMWもiブランド共通する世界観ですが、そのはi3ユーザーにも伝わっているのでょうか。

リヒター例えばEV比べに、 BMWらしEVでも表現れています。例えばステアリングフィールや、サスペンション部分などからです。

一方既存BMW ユーザーがi3で駆け抜ける喜び感じられるかというと、確か内燃機関エンジンとは若干表現違ってくるでょう。ただしワンペダルフィーリングいう新しい概念BMW i3で導入たが、これ非常に喜ばれています。それ楽しみて、 そしてたちにも推奨ているのです。そういうところ駆け抜ける喜び浸透ていると我々思っています。

エクステリアスポーティ演出

---さて今回マイナーチェンジポイント教えてくだい。

リヒターはいまずコネクティビティおけるナビゲーションアップデートあります。そしてインテリアインテリアデザインパッケージロッジ新しいトリムソラリックブラウンウールナチュラルレザー組み合わせシート導入た。またエクステリアカラーにはインペリアルブルーメルボルンレッド追加ています。

エクステリアデザイン最も大きな変更点フロントリアバンパーです。また横長LEDインジケーターLEDヘッドランプ標準装備た。

さらにルーフエンドシルバートリム採用れまたので、よりスリークかつスポーティ演出ています。

そのほかCharge Nowいう充電サービスが12か月無料なっほかBMW iというビジュアライザーが、iOSにも対応たので Apple 製品特に iPhone 実際クルマて、感じてもらい、ぜひ試乗てもらいたいですね。

---エクステリアフロントリアバンパー変更ありたがこの目的ょう。

リヒターこれまでBMW i3のバンパースモールランプ丸目たが基調変わり同時にそれ囲むようにLのような形状バンパー取りれています。これよりワイドローイメージ醸し出しています。

BMWマイナーチェンジではSource: yahoo.co.jp