BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


日ハム・清宮選手がかかった限局性腹膜炎とは 「我慢すると重症化し、命に関わる」(J-CASTニュース)

 プロ野球日本ハム清宮幸太郎選手(18)が「限局腹膜炎」にかかっことついて、「ストレスでは」などとネット様々憶測流れている。

 あまり聞きなれない病名だがどんな病気なのだろうか。

ここ数日腹部痛みなどを訴えていた

 スポーツ紙各紙よると、清宮選手は、ここ数日腹部痛みなどを訴えていたといい、2018年312遠征広島から帰京た。翌13都内病院精密検査受けところ限局腹膜炎診断されて急きょ入院た。

 少なくとも15まで入院て、点滴などの治療受ける予定だという

 清宮選手は、沖縄キャンプにも体調不良訴え、222急性胃腸炎早退ている。1右手親指痛めており、今回で3離脱なった。

 こうこと原因かは不明だが清宮選手は、オープン戦7試合出場て19打席安打不振続いていた。330開幕までに間に合うかは、各紙よっ見方分かれている。

 徳洲会グループホームページ説明よると、お腹内側何らかの原因炎症起こっ状態腹膜炎言う炎症限局ていれば限局腹膜炎いい腹部全体広がる汎発腹膜炎呼んでいる。

 胃潰瘍などであくこときっかけケース多いいい場合よっては手術必要になる。お腹強く痛むならすぐ受診すべきだとており、「我慢ていると重症にはかかわること珍しくない」とている。
Source: yahoo.co.jp