[]

アップルのクックCEO、株主総会でモバイル決済やヘルスケアに言及(CNET Japan)

 レジ自分スマートフォン使っ商品サービス代金支払う行為消費者受け入れられるのに、予想より長い時間かかっいるそれでもApple最高経営責任者CEO)のTim Cook物理通貨終焉願っいる

 これは、米国時間2月13同社年次株主総会おけるCook発言要点の1つである。このコメントは、株主からの質問への回答だった。Cookは、急速発展するウェアラブル事業や、ヘルスケア分野への取り組みにも言及た。さらに、201712月に可決された米国税制改革法案未来対する自身ビジョンにも触れた。

なかなか進まないモバイル決済普及

 201610月、Cookは「Apple現金消滅させる」と述べた。しかし今回株主総会での同氏発言は、それ近い将来実現する可能性ついて、それほど確信ていないような印象与えた。Cookは、「生きいるうちに、現金消滅する来る期待いる」と話した。

 「モバイル決済普及は、自身考えていたほど早く進んでいない」(Cook

 モバイル決済何年から存在いるが、Appleが2014、「iPhone」にモバイル決済機能Apple Pay」を追加ことで、この技術対する一般人々関心一気に高まった。モバイル決済サポートない旧式POS端末この機能普及拡大妨げいるが、そう状況徐々に変化いる

 Cookは、この12カ月に、特にロシア中国いっ意外国々で「非常に急速普及拡大」を確認た、と述べた。

ヘルスケア分野への取り組み

 米国では、企業メディケアメディケイド米国公的医療制度)によっ補償されるのかを重視するため革新的ヘルスケア製品開発対し必ずしも積極的ではない、とCook述べた。それ必ずしも患者とっ最善ことではない、と同氏言い添えた。

 「われわれは、これまでずっとやっことできるいう非常に素晴らしい立場いるそれは、ユーザー同じ視点持ついうことだ。われわれは、連邦政府説得補償金もらうことできるだろうかと心配するのではなくどうすれユーザー健康状態改善できるのか、と自問することできるこれは、Apple時間かけ多大貢献することできる分野だ」(Cook

ウェアラブルその他

 Cookこのほか、「AirPods」や「Apple Watch」、「Beatsヘッドホン含むウェアラブル事業Fortune 300企業規模近づつつあることや、昨年度研究開発に120ドル1兆3500)を投じことまた税制改革必要性などについ語った。

 この質問うち特に珍しかったのは、Apple口腔ヘルスケアつい何か計画いるかというものだった。Cookこう回答た。「現在われわれ注力いる分野ではない

この記事海外CBS Interactive記事朝日インタラクティブ日本向け編集ものです。
Source: yahoo.co.jp