[]

日本発売まで待てない! iPhoneにLightningスピーカーをつないで「HomePodふう」にしてみた(ITmedia LifeStyle)

 アップルボイスアシスタントSiri”を搭載するスマートスピーカーHomePod」が2月9発売された。ところがところ売っいるのはアメリカイギリスオーストラリアの3カ国だけ。にはドイツフランス続くいうが、日本での発売まだアナウンスされる気配ない



 でも考えてみたら、たち手もとにはもうSiri使えるiPhoneありiPhoneLightning端子デジタル接続できて、「Hey Siri」による音声コマンド入力にも対応するポケットサイズスピーカーパイオニアRAYZ Rally」もあるじゃないか。この2つを組み合わせたら擬似的に“HomePod気分”が味わえるんじゃないだろうか? 試してみよう。

HomePodっぽい使いこなしできるのか?

 アップルとっスマートスピーカーなるHomePodは、いま流行AIアシスタントSiri搭載いるでも情報集めてみると、どうやら現在iPhone搭載されているSiriできることひと通りカバーできるようだ。Apple Musicなる音楽音声入力検索再生すること可能アップルの「A8」プロセッサーアレイマイク活かしオーディオビームフォーミング部屋音響特性自動解析ベストリスニング環境整えてくれる音楽リスニング周辺機能なども効果なるそしてHomeKit対応機器連動するスマートホーム機能ぜひ試してみた

 またHomePodでは英語からほか言語への翻訳機能使えるようになるようだ。iPhoneSiri試しても、現在日本語から言語への翻訳使えないこれ整うまでHomePod日本発売おあずけなるのだろうか。自宅いる活用機能でもあまりないので、このあたりローカライズ項目ブレーキなっないこと祈るばかりだ。

 それでは本番。「iPhoneSiri」と「スピーカーRAYZ Rally」を組み合わせHomePodっぽい使いこなしできるのか、実験てみよう。

 パイオニアRAYZ Rallyは、iOSデバイスLightning端子直結使うポータブルスピーカー商品コンセプトて、ビデオ会議などのカンファレンス用途メインなので、音質HomePod比べるべきではないかもしれないが、筆者RAYZ Rally旅行持ち出しホテルBGM音楽聞くことある手のひらサイズコンパクトハンドリングとにかく簡単なのが本機魅力だと感じいる

 RAYZ Rally機能フル発揮させるために、まずApp Storeから「Pioneer Rayzアプリインストールおく一方iPhoneは「設定アプリの「Siri検索」から「“Hey Siri”を聞き取る」のトグルボタンオン。2014登場iOS 8.1以降端末ならスタンバイ状態iOSデバイスに「Hey Siri」と話しかけSiri起動できる

 RAYZ Rallyは、201711月に実施されたソフトウェアアップデートで、RAYZ Rally内蔵されているマイク集音特性を「パーソナル」「少人数」「会議」「外出」の4種類から選べるようになった。「会議」では大きな空間使っとき発生がちハウリング抑え、「外出」を選ぶノイズリダクション効かせて周囲騒音低減てくれる。

 設定を「少人数」にセット状態で、3メートル離れテレビラック置いiPhoneスピーカー向け、「Hey Siri」とかけるSiri機敏反応た。きょう天気ひいきいるサッカーチーム合結新着メール内容などはハキハキ読み上げてくれる。HomeKitついてはあいにく筆者せる製品なかったが、RAYZ Rally入ってもiPhone単体Siri使うできることできないこと恐らく変わらないだろう。

 端末保存音楽ファイルApple Music音源も、音声よるコマンド入力使っ検索再生できた。聞き見つけてくれるまでの反応若干鈍いようにも感じられるが、HomePodではもっと鋭く反応てくれるようになるのだろうか。

 「マップアプリ外出までのルート検索すると、iPhone画面地図表示されてしんと静かなるiPhone近くない場合画面のぞき込み行かなければならないので不便だ。HomePodなら音声だけで巧みルート検索結果分かりやすく
Source: yahoo.co.jp