BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


昨季のJ1で最も走った選手、チームは?リーグ王者・川崎Fは意外な数字が…(GOAL)

昨季明治安田生命J1リーグ最も多く走っ選手なのか?最も走っチームどこか



Jリーグ公式サイト「Jリーグ.jp」では、J1リーグトラッキングデータ随時公開ている。ごとデータ追加されていき、選手の「試合走行距離」、「試合スプリント回数」をはじめチームの「試合走行距離」、「平均走行距離」、「試合スプリント回数」、「平均スプリント回数」をランキング形式掲載昨季トラッキングデータ顕著数字見せ選手チーム紹介する

試合走行距離選手

試合走行距離では、サガン鳥栖所属するMF高橋義希トップ5に4ランクイン鳥栖で13シーズン迎える32ダイナモシーズン圧巻走り見せてくれるのか。

1 13.66km 高橋義希鳥栖4 vsC大阪
2 13.64km 高橋義希鳥栖10 vs横浜FM
3 13.62km 高橋義希鳥栖2 vs川崎F
4 13.61km 加藤大新潟3 vs清水
5 13.55km 高橋義希鳥栖13 vs札幌

試合走行距離チーム

チームごと試合走行距離は、4月21日に行われた8ガンバ大阪vs大宮アルディージャで、G大阪が125.468km走行これが2017シーズン試合チーム走行距離最も走っ記録なる試合前半に2後半に4マークたG大阪が6-0の圧勝収めた。なおこの試合最も走っ選手赤﨑秀平川崎F)の12.741kmであった。

1 125.468km G大阪 8 vs大宮
2 125.156km 磐田 5 vs清水
3 123.168km 札幌 13 vs鳥栖
4 122.875km 鳥栖 13 vs札幌
5 122.717km 鳥栖 2 vs川崎F

走行距離チーム平均

続いチーム平均走行距離こちらは、サガン鳥栖が114.149kmトップ立った。走行距離少ないチームヴィッセル神戸で109.031km優勝川崎フロンターレも18チーム中17の109.072kmで、その川崎Fと優勝争っ鹿島アントラーズも109.244kmで16とどまった。なお、J1リーグチーム平均は111.368kmなった。

1 114.149km 鳥栖
2 113.940km 仙台
3 113.600km G大阪
4 112.506km C大阪
5 112.180km 札幌
チーム平均 111.368km

試合スプリント回数選手

スプリントとは10~30メートル距離を、時速24km/h以上走ることで、選手試合スプリント回数は、3月18日に行われた4ヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャおいて、甲府田中佑昌記録た43昨季最高回数なった。その他サイド主戦場するマテウス永井謙佑マルティノス揃っランクイン入りている。

1 43 田中佑昌甲府4 vs大宮
2 41 ホニ新潟34 vsC大阪
2 41 井手口陽介(G大阪16 vs川崎F
4 40 マテウス大宮33 vs甲府
4 40 永井謙佑FC東京1 vs鹿島
4 40 山中亮輔横浜FM29 vs大宮
4 40 マルティノス横浜FM3 vs鹿島
4 40 福田晃斗鳥栖13 vs札幌

試合スプリント回数チーム

続いチーム試合スプリント回数トップ5。6月17日に行われた15柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府で、が215スプリント回数マークこの一戦最もスプリントたのは甲府DF松橋優の38だが、FWクリスティアーノの37FW伊東純也の34MF中川寛斗の30と3選手が30以上スプリント回数記録た。

1 215 15 vs甲府
2 214 C大阪 33 vs神戸
3 212 G大阪 8 vs大宮
4 211 鹿島 29 vs広島
5 210 横浜FM 29 vs大宮

スプリント回数チーム平均

最後チーム平均スプリント回数こちらは171鹿島アントラーズトップ立った。最も低かったのはサンフレッチェ広島の131初優勝川崎フロンターレは18チーム中17の144Source: yahoo.co.jp