BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


今週末は秋葉原で「ポタフェス」、Nutube搭載プレーヤーやGRADOのBTヘッドフォン等(Impress Watch)

 国内外から多くブランド出展する国内最大級イヤフォン&ヘッドフォン体感イベントポータブルオーディオフェスティバル2018 東京秋葉原(通称:ポタフェス)」が、714、15開催れる。会場秋葉原あるベルサール秋葉原地下1、1、2入場無料



 各社ポータブルオーディオプレーヤーヘッドフォンイヤフォンなどの新製品出展するほか開発試作機参考展示するところあるまた、e☆イヤホンよる物販コーナー用意ステージではアーティストよるライブ予定れている

ミックスウェーブ

 ミックスウェーブでは、多数新製品参考展示する中でも注目は、2017から開発着手たという究極MAVERICK IIことUnique Melodyの「MAVERICK II Re;」。9、10月頃発売目指しり、価格未定

 「Re;」には「Redo作り直す)、Re-masterリマスター)、Reborn生まれ変わる)」など様々意味加えマルタで「(キング)」も意味、「正真正銘、“究極Maverick II”」になるいう

 Beat Audio代表Arionからの協力受け特注イヤホンケーブル純正ケーブル付属筐体特別アビスブルーカラー仕上げ深海のような青色グラデーションレイヤーれるという

 同じくUnique Melodyから「3DD-Ti」という製品展示日本での発売価格未定

 Unique Melody開発異なる3ダイナミックドライバーを、マルチドライバーデザイン搭載イヤフォン最新チタニウム3Dプリンター筐体製作り、「サウンドデザインだけでなく、筐体デザイン含めユニークデザインまとめいる」という付属キャリングケース韓国Dignis

コペックジャパン

 Cayinポータブルプレーヤー機種て「N8」を出展するこのモデルは、据置真空管アンプ手がけるCayin技術使いKORGNutube搭載プレーヤー真空管からの出力と、トランジスタ出力選択でき、違い楽しめる。UI設計

 「N5ii」のブラッシュアップモデルて、筐体ステンレススチール採用た「N5iiS」も登場メモリを2GB増設操作性格段向上たという

 2.5mm、3.5mm端子ディスプレイ素材グレードアップ内蔵ストレージは32GBから64GB増加た。

ナイコム

 ナイコムブースでは、GRADOBluetoothヘッドフォン世界初展示する予定参考展示で、仕様詳細情報不明だが、試聴可能

 さらにRHAワイヤレスイヤフォンMA390 Wireless」も国内イベント展示。24gと軽量かつコンパクトハウジング特徴で、8時間使用できるバッテリ搭載する

オンキヨー&パイオニア

 オンキヨー&パイオニアブースでは、「素材と「彫り構造応用た、独自音響技術採用するヘッドフォン参考出品開発段階ものを、限定展示する過去にも出展れてたが、その進化姿確認できるほか設計者出席独自技術構造つい説明てくれる。

 ポータブルオーディオプレーヤー「DP-S1A」、「XDP-20」の公開最新ファームウェア搭載実機展示。「CDレコ」を使っCD取り込み機能aptX HD対応いっ機能いち早く体験できる

 さらにパイオニア人気イヤフォン一斉展示や、アニメなどのコラボ製品一斉展示。「アイドルマスターミリオンライブイヤホン」、「ポプテピピックイヤホン」、「ウルトラ怪獣イヤホン」、「エヴァンゲリオンイヤホン」などがられる。

サーモス

 サーモスブースでは、VECLOSブランドイヤフォンヘッドフォン正式出品魔法びん真空技術使っオーディオ機器で、イヤフォン4機種と、ヘッドフォン2機種を8月末より発売する価格いずれオープンプライス

 イヤフォン店頭予想価格は、ハウジングチタンの「EPT-700」が49,000前後、「EPT-500」が38,000前後ステンレスの「EPS-700」が46,000前後、「EPS-500」が35,000前後

 ヘッドフォンは、チタン使用の「HPT-700」が50,000前後ステンレスの「HPS-500」が39,000前後

 ポタフェスには6機種出展予約販売受け付けるイヤフォン4機種ついては714から数量限定先行販売実施予定

 いずれ真空構造エンクロージャ採用イヤフォンハウジング素材異なりチタンEPT-700/500は「自然繊細サウンド」、ステンレスEPS-700/500は「華やかアタックある特徴重量チタンモデル4g。ステンレスモデル4.9g。

 ドライバすべてバランスドアーマチュア(BA)Source: yahoo.co.jp