BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


航空局、MRJ就航に向け検査制度見直し(Aviation Wire)

 国土交通省航空JCAB)は、航空機検査制度見直す方向性を710日に公表た。三菱航空機開発の「MRJ」に対し製造航空当局検査するにあたり欧米一般的になっているやり方などを取り入れ現状即しもの見直すことで、国産旅客機国際市場参入シェア拡大制度面支援ていく。

 JCAB制度課題洗い出すため有識者よる航空機検査制度等検討小委員会」を今年3から7わたり開いた。制度見直し方向性て、航空機二酸化炭素CO2)排出基準や、耐空維持装備整備交換よる予備証明検査などについて、実情あっもの改める

 CO2排出基準ついては、国連専門機関ICAO国際民間航空機関)が20201以降航空機種類ごと順次適用する基準審査盛り込むまた耐空維持関しては、機体メーカー通じ不具合情報収集たり、修理計画設計承認する仕組み構築挙げた。

 欧米考え方違いあるものついても、見直し対象含めた。欧米では、認め認定事業などが安全性保証装備以外航空機取り付けられないのに対し日本では現在エンジンプロペラなどの「重要装備以外は、航空機使用者責任取り付けられる見直す

 見直し留意すべきて、民間事業者過大負担ならないことや、海外航空当局との相互承認協定早期締結などを挙げた。また制度活用十分進んでいない「航空機整備検査認定事業」の活用促進なども進める

 MRJは、現時点で2020半ば初号引き渡し計画JCABは、今冬以降制度見直し最終とりまとめ向け審議実施する。
Source: yahoo.co.jp