BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


味の素AGF スティックに新素材 ほうじ茶など和茶分野にも挑戦(食品新聞)

味の素AGFスティック味の素素材活用味わい磨きかけるともにAGF鈴鹿新設効率生産ラインを9稼働せて増産ていく。

5本社発表金谷克彦常務執行役員は、比較的単価高いパーソナル商品伸長家庭コーヒー市場金額成長牽引ているとで、「スティック中心パーソナル商品さらに拡大ていく」と語った。

パーソナル商品方向性ては、シンプル簡単手軽)、セレクティブ選べる楽し)、ステイブル安定)、スータブル満足)、スタイリッシュ新しいライフスタイル)の5つを挙げ秋冬商品この方向性基づき投入午後オケージョンごとデイリーニーズや、こだわりご褒美ニーズとらえ商品提案ていく。

コーヒー最も飲まれている午前6~8時間向けては、10から有職女性ターゲットコミュニケーション展開。「内容確定ていないが、有職女性しっかり飲んでいただくために“オーレ”の応援メッセージ使っていく」。

商品面では「ブレンディスティックシリーズ味わい刷新デイリーニーズ向け発売れるカフェオレシリーズには、味の素素材活用ミルクコク際立つクリーミングパウダーと、ミルク負けないように深煎りコーヒー豆インスタントコーヒーパウダー使用た。

午後デイリーニーズ対しては、シリーズから「ほうじ茶オレ」を発売和茶市場にも挑む過去発売た「ほうじ茶オレ」とは原料大きく異なり石臼挽い粉砕ほうじ茶葉を使用香ばしさらに高めほかクリーミングパウダー使用ている。
Source: yahoo.co.jp