BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


「大手町ビル」大改修で、国内最大級4000m2の屋上庭園(スマートジャパン)

 三菱地所は20187月2日、東京千代田区の「大手町ビル」の大規模リノベーション工事着手外壁内装などを全面的改修すること明らかた。設計三菱地所設計施工大成建設内装デザインメックデザインインターナショナル工事完了は20213月の予定



通り面する外装は「煉瓦」「石垣」「ガラス素材」をモチーフ

 大手町ビルは1958竣工で、地下鉄5路線乗り入れる大手町直結する抜群交通アクセス立地ビル大規模フロアプレートでありながら、小割貸付適しフロア形状ているため多くスタートアップ企業先端技術部隊などの集積図り多様交流生み出される機能整える今回は、建て替えではなくリノベーションいう方法で、ハードソフト両面から、新たビジネス拠点創出させる。

 ハードでは、周囲の3つの通り大名小路仲通り日比谷通り)の歴史的背景イメージ外装デザイン反映大名小路は、煉瓦れんが)を基調日比谷通り石垣モチーフに。丸の内仲通り貫通する中央部分は、“通り抜けもたらすガラス素材で、それぞれストーリー持たせて改修する

 外壁素材には、セメント比べ高い引っ張り強度と、曲げ強度優れるGRCアルカリガラス繊維補強セメント)を採用将来的管理コスト低減実現させる。窓ガラスは、一部断熱性優れた「Low-E複層ガラス」と「日射フレーム」を設けることで、負担削減図るなど、環境性能向上させる。

 丸の内仲通り位置する建物中央部分貫通通路屋内外から整備屋内床面丸の内仲通りなどで用いられているアルゼンチン斑岩敷設出入口部分周辺壁材一部ガラス素材作り換え、“通り抜け演出する

 ビル働く就業者考慮て、7には自由使うことできるラウンジと、丸の内仲通り一望できるテラス設置オープン空間ての利用可能で、テナントニーズ対応ビジネス支援交流促進ステージ提供するこれまで設備スペースなかっ屋上は、オフィスビルては国内最大級なる4000m2(平方メートル)の屋上庭園する仲通り一望でき、圧倒的開放感味わえる屋上に、単なる緑化だけにとどまらない環境演出要素随所取り入れ創造的空間創出させる。

 ソフトでは、ビル東側を「LABゾーン」と位置付け個性溢れる企業シング推進新たビジネス創出される目指すLABゾーン6には、世界最大級ソフトウェア会社であるSAPジャパン共同スタートアップ企業企業などが入居ビジネス創出行う共創スペースTechLab」を201811月に開設するプロトタイプ作る工房動画撮影スタジオイベントスペースなどを配置

 三菱地所電通電通国際情報サービスの3協業運営ている日本初会員FinTech集積拠点THE FINTECH CENTER of TOKYO,FINOLAB」は、床面積650から1200に3なる拡張行う

 また世界4会計事務所一角KPMGが、デジタル技術活用日本企業イノベーション促進する拠点である「KPMG Ignition Tokyo」を20187月1日に開設日本企業グローバル競争勝ち抜くため経営課題ついて、ソリューションするため先進的拠点ての活動行っていく。

 トヨタ自動車が、自動運転支える周辺技術開発拠点を6設ける

 大手町ビル概要は、SRC地下3地上9PH3延べ床面積111272m2、敷地面積1493m2。三菱地所設計大成建設施工で1956着工、19584月の竣工

 リノベーション工事は、三菱地所設計設計大成建設施工メックデザインインターナショナル内装デザインで20185月下旬~20213月(一部ついては、20214月以降工事着手する見込み)。
Source: yahoo.co.jp