BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


6月「人手不足」関連倒産は今年2番目の36件、うち「求人難」型は3件発生(東京商工リサーチ)

 企業倒産水準推移一方で、中小企業中心人手不足深刻増している。「人手不足関連倒産は、「後継者中心現状推移ているが人手不足感解消されないで、「求人難今後動向注目される。

◇6今年2番目多い36
 20186の「人手不足関連倒産は、36前年同月比28.5前年同月28)で、5(38)に次いで今年2番目多かった。内訳は、代表者幹部役員死亡病気入院引退などによる後継者が29前年同月25)、人手確保困難事業継続支障生じた「求人難が31)、中核社員独立転職などの退職から事業継続支障生じた「従業退職が1ゼロ)、賃金等人件コストアップから収益悪化た「人件高騰が32)。

◇6産業サービス業最多
 6産業では、サービス業14前年同月8)が最多だった。次いで建設63)、製造63)、卸売55)、運輸22)、小売不動産業情報通信1続く

◇6地区、9地区うち8地区倒産発生
 6地区では、全国9地区うち中国除く8地区倒産発生た。内訳関東18前年同月7)を筆頭て、中部45)、東北32)、九州34)、近畿36)、北海道22)、北陸2ゼロ)、四国12)の
 
◇6都道府県最多東京9
 6都道府県では、東京9前年同月4)、埼玉31)のだった。

◇2018上半期要因、「後継者8
 2018上半期(1-6)の「人手不足関連倒産は184前年同期比12.1前年同期164)で、前年同期上回っ推移ている。
 内訳みると、「後継者が145前年同期比11.5前年同期130)、「求人難が1918.716)、「従業退職が1025.08)、「人件高騰前年同期同数の10なり、「後継者8構成比78.8)を占めた。

◇2018上半期産業卸売が75.0
 2018上半期(1-6)の産業では、最多サービス業の50前年同期比25.0前年同期40)。次に卸売3575.020)、建設32製造31小売14
 2018上半期地区では、全国9地区うち関東(71→81)、中部(17→23)、東北(8→15)、四国(4→8)、北陸(1→2)の5地区前年同期上回った。一方減少近畿(23→17)、中国(10→9)、北海道(12→11)の3地区九州前年同期同数の18
Source: yahoo.co.jp