BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産動向 6月は2カ月連続で発生なし(東京商工リサーチ)

 20186の「中小企業金融円滑」に基づく貸付条件変更利用倒産は、前月引き続い発生なし前年同月ゼロ)だった。
 金融機関中小企業リスケ要請柔軟応じるなどの金融支援や、緩やか景気拡大影響して、企業倒産水準推移している。

上半期(1-6)の累計件数前年同期より7
 2018上半期(1-6)の累計件数は8前年同期比68.0前年同期25)で、前年同期より7推移している。

上半期負債総額9
 2018上半期負債総額は39500万前年同期比89.2前年同期3616000万)にとどまり前年同期大きく割り込んだ。
 負債では、10以上大型倒産が1前年同期6)だけで、最多は5以上10未満の32)。1未満は23)だった。

 産業では、10産業うち5産業関連倒産発生した。内訳は、建設が2前年同期3)、製造210)、情報通信2ゼロ)、卸売13)、不動産業12)。
 原因では、最多既往シワ寄せ赤字累積)の45)、次いで販売不振315)、放漫経営1ゼロ)と続く

 形態では、最多事業消滅破産が3前年同期14)、特別清算が32)。これ対し再建民事再生法発生なし5)だった。
 従業員数では、5以上10未満の410)が最も多かった。次いで、5未満の35)と続く
Source: yahoo.co.jp