BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


不運が続くハース、チーム代表がいよいよ“幸運に恵まれる”ことを願うまでに(オートスポーツweb)

 ハースF1チーム代表ギュンターシュタイナーは、2018シーズン残りの14チーム運勢好転すること願っる。 



 ハース現在コンストラクターズランキングトロロッソホンダポイントで6つける。しかしシュタイナーは、シーズン開幕からレース見舞われた不運が、これまでチーム引っ張ってきてると指摘する

この悪運終わること祈っる。チームところて、『こんな合うなんて、やらかしたんだ?』などと言ってきたりするのだ」とシュタイナー今週RACER語った。

 今まで最も縁起悪い奇妙出来事は、先週カナダGPフリー走行に、ロマングロージャンウッドチャック轢いことだろう。

ウッドチャックだかなんだか、とにかく動物轢いまったのが一番奇妙出来事だ。大した影響ない理由探すつもりないこれ起きことひとつかないからだ」とシュタイナー認めた。

「20マシン走行するウッドチャックコースて、我々ノーズ轢くことなった。ウイングではなくノーズはねたのだ」

 モントリオールではすでにコンポーネント不足ており、ハースフロントウイング失うわけにはいかなかった。幸運にもこのアクシデントグロージャン怪我なかったが、ウッドチャック無事ではなかった。

「もこのアクシデントわざと起こそうと試みても、1000かって起きることないだろう。珍しい出来事だ」


 それでもシュタイナーは、チーム残りシーズン幸運恵まれて“当然だ”という考え退けた。

当然だという言い方ないそれ少々厚かましいだろう。幸運恵まれ当然いうことない我々懸命仕事する必要ある

立ち止まることない。『休み必要だ』などと言っ幸運やって来るまで待つようなことない

常に最善尽くし我々できる最善策打ち出すのだ。カナダGPではそれ示すことできたと思う

我々自分たち自身誤魔化すようなことない。『今日ついなかったから、こと考えよう』などと言うつもりない

タイヤ適切挙動理由や、なかっ理由いっことすべて正しく理解するため作業る。適切仕事やり通さなければ、失望することなる

「4週間バルセロナでも、不運出来事、2、3時間その失望から切り抜けることできた。十分マージン築い中団グループトップ立ちその順位失わずにすんだのだ」

今後そうなること期待る。幸運女神現れること祈っるよ」

[オートスポーツweb ]
Source: yahoo.co.jp