BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


ライカ新製品「M10 Edition Zagato」「C-LUX」レポート(Impress Watch)

ライカカメラAGは6月15から16かけ本社所在するドイツウェッツラーライツパーク拡張記念イベント開催本稿では現地お披露目れたカメラ新製品ついて、実機写真交えお届けする。



■1センサー+15ズームスタイリッシュライカC-LUX

特に日本根強い人気いうコンパクトデジタルカメラライカC」(1/1.7センサー)の後継有効2,000画素の1センサーに24-360mm相当倍率ズームレンズ組み合わせた。2018年7月に日本でも発売予定国内価格未定

従来ライカCよりセンサーサイズ大きくズームレンジ広いことから、より汎用性高いカメラえる。Wi-Fi/Bluetooth対応スマートフォンとの親和性高いアピールていた。グリップ部分ラバー貼られていないが、貼り摩擦ボディ張り出しありホールド十分高い

ライカM10限定モデルライカM10 Edition Zagato

イタリアカロッツェリア自動車車体作る業者)「Zagato」(ザガート)がデザイン特別仕様ライカM10。販売世界250限定日本でも2018年7月からライカストアのみで取り扱う製品国内価格未定

Zagatoアルミ自動車デザイン用いること広く知られたと言われる。ライカとのコラボレーション双眼鏡続いて2度目で、今回ライカM10 Edition Zagato上下カバー本体操作まで全てアルミ通常モデル上下カバー真鍮)から70g軽くなっているというライカM10の重量から70gを引くと、およそバッテリー抜いたぐらいので、フィルムのMライカ近い数値なる

外観通常モデル大きく異なり貼り代わりアルミ微細設けボディ一体グリップあるわずかスリバチなっているダイヤルファインダー部分せり出し平紐そのまま通るストラップアイレットなど、昨今限定ライカ通じる強い個性与えられている。

ライツパーク限定記念モデル登場

ライカM10(ブラックシルバー)、ライカQ(ブラック)、ライカD-LUXブラック)をベースた「Leitzpark Edition」を、ライツパークLeica Store Wetzlar限定50発売。「LEITZPARK」のロゴパターン貼り採用するなど外観違いある

特にライカM10は、正面ロゴ取り除きライカM10で)、トップカバーライカクラシックロゴと「LEITZPARK WETZLAR GERMANY」という文字刻印シリアルナンバーフィルムのMライカのように刻印れており、マニア好み仕様えるだろう。

通常追加料金なるトップカバー刻印カスタム貼りありながら、ライツパークライカストアでの販売価格通常ライカM10と同じ化粧品番通常同じ)。ファンサービス色合い強く感じるアイテムだった。
Source: yahoo.co.jp