BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


MicrosoftがGitHubを買収するメリットは何か(ITmedia PC USER)

 6月4日(米国時間)、突如発表されたMicrosoftよるGitHub買収買収は75ドル8200)で、2018年内買収完了する見込みだ。



 GitHubでは半年以上新しいCEO探し続い自身売却視野入れMicrosoftとの交渉うわさ伝えれてた。最終的にはMicrosoftサティアナデラCEO説得受け入れだ。

 GitHubCEOには、Xamarin創業者ありMicrosoftデベロッパーサービス担当コーポレートバイスプレジデントナットフリードマン就任する。GitHubCEOあるクリスワンストラスは、Microsoftエグゼクティブバイスプレジデントあるスコットガスリー直属テクニカルフェローて、ソフトウェア関連戦略的取り組み担当することなる

 GitHubは2008創業公開企業あり同社提供するクラウドサービス名称でもあるソースコードなどバージョン管理重要なるドキュメント管理開発者参加するメンバー互いに情報共有行いながプロジェクト推進クラウドサービスだ。2800利用る。

 もともとLinux生みの親あるリーナストーバルズが、Linux開発あたっバージョン管理仕組みGit」を導入このGit用い派生サービスの1つがGitHubなる

 Git名称冠するバージョン管理サービス幾つかあるが、多くオープンソースプロジェクトでの利用、「Pull Request」などの今日開発スタイルけん引する仕組み早期導入ことGitHub人気サービス成長開始10て「ソフトウェア開発おけるレファレンスサービ”」のようなで、デファクトスタンダード近い地位る。

 もちろんGitHubではMicrosoft関連限らず、多くオープンソース技術用いて、幅広いプラットフォーム向け開発行われてわけだがMicrosoftよる買収GitHub独立性保たれるというそれではMicrosoftなぜGitHub買収たのだろうか。

買収発表注目集まるGitHub国内イベント

 偶然ではあるものの、買収発表翌週あたる6月12日(日本時間)には東京都内GitHub Satelliteいうイベント開催予定されており、GitHub技術担当シニアバイスプレジデントジェイソンワーナー基調講演登壇することなった。

 本来このSatelliteは201710月にカリフォルニア州サンフランシスコ開催GitHub Universeいう開発者イベントでの発表内容日本向けリピートサービス利用する開発者同士交流機能するだけのはずだった。

 ところが直前Microsoftよる買収発表されたこと状況一変その最新アップデート求める開発者報道関係者集まるなりがぜん注目集めることなった。イベントには急きょ日本マイクロソフトCTO榊原登壇両社買収発表てか公式イベントにもなったのだ。

●「Microsoft変わった、信じてもうには行動するない

 GitHub Satellite登壇榊原は「設計共有サイトファン皆さまへ」とジョーク前置きて、Microsoft目指すところと、GitHub買収おける考え説明た。

 昨今Microsoftは「インテリジェントクラウド」と「インテリジェントエッジ」を社内体制変革るが、同時にかつてプロプライエタリ権化ともいわれた同社ではオープンソース非常に重視こと知られてる。

 同社自身多数オープンソースプロジェクト走らせてAzureクラウドではLinuxインスタンスはじめ多くオープンソースソフトウェア稼働ており、もはやWindowsMicrosoftソフトウェアあることそれほど重要視されなくなっる。

 またGitHub最も活動活発オープンソースプロジェクトMicrosoftの「Visual Studio Code」であり両社は20184月にワシントン州シアトル開催されたMicrosoft開発者向けイベントBuild 2018」におい提携発表る。

 とはいえMicrosoftよるGitHub買収サービス影響与える
Source: yahoo.co.jp