BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


スペイン、ロペテギ電撃解任の影響は…元日本代表監督トルシエ氏「監督ができることは10~15%ぐらい」(ゲキサカ)

 日本代表監督フィリップトルシエが、フレンロペテギ前監督解任したスペイン代表つい言及した。

 ロシアWが14開幕するのにあわせ日本フットボール盛り上げるスポーツコミュニティパークODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018(オダイバ フットボールファンゾーン)』が、期間限定東京お台場ウエストプロメナードオープンこのODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 オープンセレモニー』にトルシエ登場トークショー行われた。

 スペインサッカー連盟は13記者会見行い代表率いロペテギ前監督解任発表就任から無敗キープし、今年5に2020まで契約延長したが、12レアルマドリー監督就任クラブから発表され、連盟ルイスマヌエルルビアレス会長激怒初戦ポルトガルの2日前いうタイミングでの解任至った。

 2002日韓W日本ベスト16に導いトルシエは、「はW迎えるあたっ冷静だった。4年間じっくり準備して、W迎える状況あった。集中していた」と当時振り返り、「スペイン監督解任されたが、だからといってスペインクオリティー関係するかといったら、そうではない思う」と、大会直前監督交代だが、影響少ない分析する。

監督指揮者のようなものかもしれないでも監督できることは10~15%ぐらいしかない選手たち自分持てるしっかり発揮し、一体感もっ連携コミュニケーションとっやること各自が100%の出し一緒にプレーできてうれしいなという気持ちやること大事だから監督大事だけど、それよりも選手の方が大事で、それ試合結果つながるやることやったと集中して、これかられること自分決めてくれると信じながらやっていけばいい

 代表チームスポーツディレクター務めていたフェルナンドイエロ監督就任したスペインは、15初戦ポルトガル戦う今大会屈指カードだが、優勝候補スペインこの状況打開できるだろうか。注目集まる
Source: yahoo.co.jp