BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


[インタビュー]小此木教授「朝鮮半島の緊張の高まりはないだろう」(ハンギョレ新聞)

 史上初朝米首脳会談めぐり日本では「非核方法具体的ではない」と懐疑的意見多い日本朝鮮半島問題権威者ある小此木政夫慶応大学名誉教授も12日夜ハンギョレとの電話インタビューで「北朝鮮最終的非核する疑問残し会談」だと留保評価た。しかし、「朝鮮半島緊張再びエスカレートすることないだろう」と見通した。

朝米首脳会談成功だと評価することできるか。

 「まだ成功とはない思うドナルドトランプ大統領取引する言ったが、共同声明内容は2005の9・19共同声明よりも具体的ないためかえって後退たように
見える両方巧妙試合たような印象受ける非核対する一般的合意たが、検証対する部分抜けいるただ米国は、体制保証約束守らなければならなくなり、韓国中国これ尊重なければならない北朝鮮勝っゲーム見えるもちろん北朝鮮非核対する覚悟ある程度たと見えるただ最終的非核すなわち北朝鮮能力完全放棄するかについてはまだ確信できないイスラエル事実上核保有国だが、自ら持っいる明らかないそしてこのイスラエルとっ抑止力なっいる北朝鮮同様歩む可能性ある

北朝鮮が「後退再び核実験するかもしれないみるか。

 「北朝鮮追加核実験行いない考える一応、(従来保有いる)核兵器大半放棄する見るべきだ。朝米首脳会談共同声明北朝鮮体制保証など多くものた。ただ述べたように、北朝鮮核兵器保有能力完全放棄するかは分からないそのよう意味今回共同声明やや奇妙複雑だ」

今回合意破綻昨年のように緊張高まる可能性あるか。

 ーその可能性あまりないいる北朝鮮は、最初から在韓米軍削減要求ないなど、交渉応じるいう姿勢見せてきた。北朝鮮今回合意ほとんど施行する見る北朝鮮意味非核決心するならば、(追加の)首脳会談開かれる可能性あるしかし、1首脳会談終わる可能性あるドナルドトランプ大統領金正恩(キムジョンウン)委員長は、最初から首脳会談初めて開くいうこと自体意味置いていたため、1首脳会談満足うる」

日朝首脳会談が近いうち開かれる可能性あるか。

 「日本当分状況見守るだろう。朝米共同声明内容あいまいためこの程度内容日本政府急激動きないだろうと予想いる日本政府現在非常に複雑立場置かれている安倍晋三政府は「米国と100共にある」とトランプ行政府支持続けてきた。今回合意内容不十分だと考えても、対外的には「成功」だと述べなければならない立場だ。日本では、北朝鮮完全非核意志疑問視する見方多いしかも日朝首脳会談行うなら日本人拉致問題交渉なければならないが、世論納得するような成果上げるのは容易ではない日朝首脳会談てもかなり困難状況置かれかねず、当分状況見守るもの予想する

東京/チョギウォン(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
Source: yahoo.co.jp