BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


日本の半導体装置の投資額、6割増の100億ドルに(ニュースイッチ)

 SEMIカリフォルニア州)は半導体ウエハー回路形成する前工程装置への投資が、2019までにグローバルで4連続成長するとの予測明らかた。18前年比14、199なる見通し過去に4以上連続成長たのは、93―97一度ないいう

 国策半導体自給向上目標掲げる中国は、1865の115ドル1兆2000程度なり、19には57180ドルなる見通し両年とも60インテル韓国SKハイニックスなど外資企業占める

 日本は1860100ドルなる予測増額大きい企業て、東芝ソニールネサスエレクトロニクスマイクロンテクノロジー挙げた。

 調査は、世界前工程工場投資情報SEMI収集分析た。半導体夏季オリンピ開催される前後需要ピーク迎えその一気に落ち込むいっ変動繰り返すシリコンサイクル」が起こること知られる。

 今回調査結果は、半導体需要長期的拡大続ける「スーパーサイクル」に入っ裏付け一つなりそうだ。
Source: yahoo.co.jp