BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


おっさんもワクワク、スーパーカミオカンデの超純水タンク内部が12年ぶりに公開(MONOist)

 2018610日、岐阜県神岡町ある宇宙線研究所スーパーカミオカンデ」において、報道陣向け見学会開催れた。スーパーカミオカンデ改修工事伴う実施れたもので、12ぶりなるタンク内部公開あった。今回その様子お送りする



 スーパーカミオカンデは、1996からニュートリノ陽子崩壊観測行っている研究施設で、世界最大なる直径39.3×41.4mのチェレンコフ宇宙素粒子観測装置有している。前身カミオカンデ時代含むと、2ノーベル賞受賞関わる施設あるためその名前知る読者多いだろう。

 もっぱら宇宙から届くニュートリノ観測のみというイメージもたれがちだが、295km離れ茨城県東海村ある強度陽子加速器施設J-PARC」からニュートリノビーム撃ち込むT2K(Tokai to Kamioka実験よるニュートリノ振動観測行っている。

 なおニュートリノとは、物質構成する最小単位ある素粒子の1ある同じ素粒子で、ニュートリノよりはるか身近電子比べると、いまだよく分からない物質で、スーパーカミオカンデよっ質量ある分かっ段階だ。太陽から地球届くニュートリノ地球表面1m2当たり毎秒600地球貫通する過程反応する確率は0.00000002低く太陽以外にも全方位からやってきて、われわれ身体突き抜けている。

●5度目改修工事新星背景ニュートリノ観測性能向上目的

 今回改修工事は2018531日から開始れており、2018年内ニュートリノ観測再開予定ている。5度目改修工事目的は、新星爆発生じニュートリノ新星背景ニュートリノ観測性能向上だ。1987カミオカンデ観測ているが、以降観測できていない宇宙全体からすると、新星爆発数秒に1らいは起きており、新星爆発背景ニュートリノ人間手のひら毎秒数千通り過ぎていると考えられている。

 そうであれば、スーパーカミオカンデタンク数回反応あるハズなのだが、ノイズ埋もれまい、区別できていなかったというそこで超純水ガドリニウム混ぜ最も反応やすい電子ニュートリノ観測目指してい東京大学 宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設中畑雅行は「とても特徴的で、信号ノイズ識別やすくなる」と語っている。

●3つの工事同時進行進む

 今回行う工事大まか分けて3ある。1止水補強タンクには5トン超純水ある。1日当たり1トン超純水漏れ確認れており、水漏れ防ぐためタンク内壁ステンレスパネル全てつなぎ目止水塗布するいうまた水漏れ現時点では底部からと想定れている。実験自体影響ない漏れとのことだが、地震などの災害より大きな水漏れ起きないうにする目的あるそうだ。

 2配管バージョンアップタンク超純水循環速度毎時60トンタンクガドリニウム濃度均一かつ透過性確保するため毎時120トン向上せる。なおガドリニウム濃度は0.01なるいう

 3は、問題生じている光電倍増交換だ。既に12経過ているため数百光電倍増不具合生じている。それ上記作業並行実施ていスーパーカミオカンデ有する光電倍増は、内側直径50cmものが11129外側直径20cmものが1885ある

 タンクには、ゴンドラ小型ゴムボート進入するゴンドラ必要機材Source: yahoo.co.jp