BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


ミカン84万トン最低 リンゴ81万トン 基盤立て直し急務 18年産適正生産量(日本農業新聞)

 農水省は12、2018年産温州ミカンリンゴ適正生産出荷見通し発表た。生産目標なる適正生産は、ミカンが84トン前年より3トン減り取りまとめ始めた01以降最低水準リンゴは81トン前年並みた。近年品目とも適正生産需要下回る状況続いている。昨年末は、悪天候などで不作なりミカン相場高騰弱体化する生産基盤立て直し急務なっている。

 適正生産需給安定目的に、その予想される需要算定設定する。

 18年産ミカン需要人口減少などを踏まえ前年より4トン少ないと85トンた。これ対し予想生産は、着花確保できている、17年産天候不順着果不良不作だった反動あり、84トンた。前年実績の10トン見込む予想生産需要上回らなかったためそのまま適正生産た。

 適正生産から農家自家消費などを除い適正出荷は、755000トン前年比25000トンうち生食用は68トン加工原料は75000トン見込む

 リンゴ需要は1トンの82トン一方適正生産は81トンた。小玉傾向台風被害少なかっ前年実績を7トン上回る適正出荷は725000トン前年並みで、うち生食用は625000トン加工原料は10トンた。

 品目とも適正生産需要下回るで、同省は「摘果などの栽培管理出荷作業省力化生産維持取り組んほしい」(園芸作物)と呼び掛ける

 この見通し受け全国果実生産出荷安定協議会)は14ミカン、15リンゴ県別配分決める
Source: yahoo.co.jp