BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


ヤマハ、AIが音場を最適にしてくれる「SURROUND:Ai」搭載の次世代AVアンプ(Impress Watch)

 ヤマハは、AIリアルタイム映画シーン適切音場提供てくれる機能SURROUND:Ai」を搭載AVアンプ3機種を8下旬発売する価格は、7.1chの「RX-A1080」が14、9.2chの「RX-A2080」が20、11.2chプリアウト対応の9.2chRX-A3080」が28カラーはA2080がチタンのみ。その他の2機種チタンブラック用意する



AI適切音場提供するSURROUND:AI

 ヤマハは1986に、世界初音場創生技術搭載た「DSP-1」を発売、1990にはSURROUNDデコーダ複数音場処理よるCINE-DSP」を開発これCINEMA-DSPなり現在までヤマハAVアンプ代表する機能なっる。

 歴史的ホールや、コンテンツマッチものなど、様々音場プログラム用意それユーザー選ん楽しめるのが特徴だが、映画よっどのプログラム最適なのかわからなかったり、1つの映画でもシーンよっ適切プログラム違ういっ難点あった。

 「SURROUND:AI」は、人工知能使っリアルタイム映画サウンド解析そのシーン適切音場を、シームレス変化せながら提供するというものつまりプログラムユーザー選ぶのではなく、「SURROUND:AI」をONおくだけで、ヤマハ考える最適音場常時適用れた状態映画楽しめるものなっる。

 処理ては、ダイアログBGM効果音低域どのバランスAIチェックこれまでヤマハ蓄積てきた、「そのシーンで、どのよう音場最適か」いうデータベース照合ながら、最適プログラム適用もの。0.2ごと判断適用するプログラム変えく。

 その適用するプログラムは、常時作り出すものではなくあらかじめ幾つか用意れたものから選ばれてる。このプログラムは、従来シネマDSPプログラム同じではなく新た開発れたものなる従来プログラムも、「SURROUND:AI」をOFFすれべる。なおこのSURROUND:AI」は映画視聴想定作られてる。SURROUND:AIDolby AtmosDTS:X掛け合わせ再生可能

 SURROUND:AIONままで、存在意識せずに使えるものだが、メニューからSURROUND:AI動作アイコン表示すること可能円形アイコンで、適用れた音場表示セリフ明瞭センター定位に、立体的音場適用は、前方(上部)が青く光り広い空間ダイナミックレンジ壮大スケール出すは、全周光るまたフロントパネルには「SURROUND:AI」の光るマーク搭載る。

 なお音場めまぐるしく変化せる聴いユーザー違和感与えまうため音場切り替える音場プログラム低減つつ新しいプログラム強くき、クロスフェードするように切り替える。

 またSURROUND:AI自体パラメーター開放ておらず、その効果ユーザーカスタマイズするでき

■「SURROUND:AI」を体験てみる

 解析マーク表示せながら、RX-A3080を使い、「ブレードランナー2049」のUHD BD視聴冒頭重厚低音あふれるようにてくるBGMから映画スタートするが、SURROUND:AIすぐそれ検知円形マーク全周光り広い空間ダイナミックレンジ壮大スケール出すプログラム適用たのがわかる

 冒頭、Kはロサンゼルス郊外合成農場訪れるシーンスピナー着陸充満する屋外から、室内サラウンド大きく切り替わるするとSURROUND:AIすぐ追従静か室内中央あるキッチンからのみ、シーンでは、円形マーク前方部分光りセンター定位立体的音場構築るのがわかる

 から喋るマーク左寄りに、その都度
Source: yahoo.co.jp