BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


【MOVIN'ON 2018】仏ミシュラン、次期CEO フロラン・メネゴー氏に聞く(Impress Watch)

 ミシュランカナダ モントリオール持続可能モビリティ発展関する世界サミットMOVIN\'ON 2018」(現地時間:5月30日~6月1日開催)を開催た。開催期間ジェネラルマネージングパートナーフロランメネゴーが、日本メディアインタビュー応えた。



 メネゴーは、2019退任予定CEO ジャンドミニクスナール代わり新しいCEO就任予定変革進む自動車業界持続可能モビリティ発展実現向けミシュランどのよう取り組んでいくのだろうか。

――次期CEO関心持っているテーマょうか?

メネゴーCEO就任来年なので、見解お出しすること難しいのですが、ミシュラングループては、一貫グループ目標ある「A Better Way Forward」を推進ていくこと重要だと考えています。ミシュランは、モビリティ人類進化とっ欠かせない重要ドライバーであり、人類よりよいモビリティ提供することミッションある信じています。ミシュラン全て社員同じビジョン共有彼ら通して、また彼ら彼ら自身ために、モビリティ進化推進ほしいMovin’Onいうサミットを、共同プラットフォーム開催ているのも同じ理由からです。われわれは、ここからサステイナブルモビリティより世に広めその進化貢献できると信じています。新しいモビリティマイナス側面あるすれば、それ共有され、理解され、マイナス最低限なるように知恵出し合わなければなりません。人類進化貢献するために、かえって問題輩出続けるいうパラドックス陥らないように。

――モビリティ進化は、ミシュランとっポジティブですか、ネガティブですか? またミシュランどのよう役割担っていくのでょうか?

メネゴーモビリティ進化ついては完全ポジティブです。ミシュランさまざま取り組みよりよいモビリティサポートていきます。まずタイヤは、お客さまために「長く続く性能」を追求技術革新推進ています。ご存知通りタイヤ新品より実装圧倒的時間長いため、「使い続けても長く続く安心感」を提供することが、ミシュラン大切使命だと認識ています。

 またモビリティエクスペリエンス体験)を推進ます。例えばミシュランガイド活用て、新しく楽しく信頼置けて、美しい体験導き出せるようなモビリティサービス提供進めます。そしてハイテク素材活用重要です。タイヤは200余りさまざまコンポーネントからできています。これら卓越知識さまざま提供たいと考えています。

――タイヤリサイクル100および80サステイナブル素材使用タイヤ作り目指す発表た。なぜ発表たのでょうか、なぜゴールが2048なのでょうか?

メネゴー正直両方ともかなりチャレンジング目標設定だと思います。しかし世界環境問題タイヤメーカー正面から取り組むためわれわれ関連する全て皆さまミシュランビジョン方向性お知らせする必要ある感じた。2048は、2018から30未来設定ています。われわれこの努力未来人類ため重要だと考えています。

――ミシュランDNAあるサステイナブルモビリティ」を今後どのよう進化させていくのですか?

メネゴー:「」のため技術革新重要です。そのために、過去CEO推進てきた戦略継続する予定です。「サステイナブルモビリティ」に関し内外対し発信続けること技術革新推進すること協業することそのために、ミシュラングループて「シンプルスピードため作業簡便効率する)」「デジタルデジタル革新)」「イノベーション」「顧客主義」の考え重視ています。

――EV電気自動車)、自動運転AIなど自動車業界変化ミシュラン与える影響は?

メネゴー自動車業界動きには当然並走環境などへのマイナスインパクトなるべく減らしより多く技術提供行なうこと革新的クルマ作り貢献たいと思っています。電気自動車とても魅力的です。タイヤにも新しい技術求められ、安全性より重要位置占めるよう
Source: yahoo.co.jp