BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


【MOVIN'ON 2018】世界サミット開催の狙いを仏ミシュラン 次期エグゼクティブ イヴ・シャポー氏に聞く(Impress Watch)

 ミシュランは、カナダ モントリオール持続可能モビリティ発展関する世界サミットMOVIN\'ON 2018」(現地時間:5月30~6月1)を開催た。



 3日間日程開催された「MOVIN\'ON 2018」は、ミシュラン主催する世界サミットグローバル持続的かつ多様モビリティ実現向けて、民間政財界国際機関など官民越えて、COP21、炭素緑化ビジネスなどさまざまテーマ設定セッション展開された。5月31開催された会議では、日本から環境省 参与 梶原成元参加水素利用FCV燃料電池車)の普及取り組む日本状況報告そのほかにもさまざまテーマ会議設定されていた。

 イベントステージ登壇キーマン議論報告聞くセッション中心なっほか会場にはテスラBMW本田工業日産自動車カルマなどのEV電気自動車)やPHVプラグインハイブリッドカー)の試乗コーナー協賛企業スタートアップ企業出展あり多く来場者あった。

 20196月4~6再びモントリオール開催されること決定MOVIN\'ONミシュランどのよう狙いこの世界サミット開催たのか? 2019次期CEOフロランメネゴーともに次期エグゼクティブ就任予定なっているミシュラン マネージングパートナーイヴシャポーが、日本メディア質問答えた。

――ミシュランMOVIN\'ON取り組む理由教えてください。

シャポーMOVIN\'ONは、20年前の1998始まった「チャレジビバンダム」のコンセプト引き継いでいます。2005には日本でも開催皇族もいらていただきまた。チャレジビバンダム時代ミシュランイベントいう強かったのですが、ジャン=ドミニクスナールCEO就任ときに、“1つの企業収まる問題ではない”と、より大きなコンセプトサミット立ち上げることなりた。では自動車メーカーサービスプロバイダーNGO政府方々重要役割果たしています。

――モントリオール開催する理由いうのは?

シャポーモントリオールエコシステムうまく機能ている都市だと感じます。多く研究機関あり政府機関サポートあり企業集まっています。また、C40(世界都市気候先導グループ)に参加ており、より安全効率的生活提供することコミットメントている都市あることから、モントリーオール開催することなりた。

――タイヤメーカーミシュラン考えるサスティナブルモビリティとは?

シャポーモビリティへの貢献ミシュランDNAで、われわれ将来モビリティ発展ため多く研究開発リソース投入ています。ミシュランタイヤサスティナブルモビリティ考えているのは主に3つで安全性耐久性省エネルギー新品高い性能発揮するのは当然で、その走行重ねいっても性能変わらないタイヤ製造目指しています。

――2017に3Dプリンター使用トレッドパターン再生するコンセプトタイヤMICHELIN VISIONARY CONCEPT」の発表ありた。

シャポー:3Dプリンター使用コンセプトタイヤは、ミシュラン思い描くモビリティ未来一部です。そのコンセプト技術は、少しずつ現在タイヤにも取り入れ進化進めています。

――2017MOVIN\'ON初開催されまたが、どのよう成果ありたか?

シャポーサミット自体多く集まっていただき成功終わりた。そのヨーロッパオープンラボ開催されたり、北米でも企業コラボレーティブワーク実施され、より安全効率的かつ環境やさしいモビリティアイデア交換継続た。オープンイノベーションは、1つのプレイヤー技術ではなしえません。これからも、継続的な「提供」が重要かと思います。

――将来的ここでの取り組み成果が、モントリオール都市実装されること期待されます。またこのMOVIN\'ONどのよう発展させていきたいと考えていますか?

シャポー開催地はモントリオールですが、この取り組み各国開くことわれわれ目的です。今年欧州タイ南アフリカなど世界から集まっています。そのたち何か持ち帰り世界伝播すること期待ています。MOVIN\'ON将来ついては、その時代トピック社会動きSource: yahoo.co.jp