BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


「つながらない」を解決へ、ネットワーク専門企業が工場IoT化へ本腰(MONOist)

 ネットワンシステムズは20186月8日、製造向けIoTモノインターネットソリューション体系提供開始こと発表た。3年間わたる大手製造との実証および本番導入知見活用する。2018年度目標売上高は40目指す



OT理解ネットワーク実現

 IoT活用およびスマートファクトリーへのニーズ高まる従来ネットワーク想定なかった工場でもネットワーク接続大きな課題なりつつある。ネットワンシステムズでは2015から製造向けIoTソリューションへの取り組み開始。3年間わたり大手製造との実証実験本番稼働通じ知見蓄積てきた。

 ネットワンシステムズ 市場開発本部長 松本陽一は「製造では工場スマートファクトリーへのニーズ高まっる。特に現場見えるトレーサビリティー確保兆候管理などの実現求められてるが、これら前提なるのがネットワークだ。ただ工場そもそもネットワーク想定構築されておらず、さらに現場制御技術OT)を理解で、情報技術IT)の実装えるインテグレーターほとんどわれわれユーザー企業と3年間取り組んできたことで、その両面理解最適IoT提案できる」と強みつい述べる。

工場IoTの「つながる」から「データ活用」までを支援

 今回提供するソリューションは、これら製造での実績と、同社もともと保有ネットワーク基盤クラウド基盤セキュリティ対策組み合わせ統合基盤技術力組み合わせて、あらためて製造向け体系ものである。

 具体的には、「生産現場生成されるデータ収集」「収集データ分析」「クラウド活用高度データ分析」「セキュリティ強化」のそれぞれOTIT視点両面から実現する。

 例えば工場IoT実現するで、最も大きな課題が「つなぎたくても、つなげられな」というだ。そもそも情報取得できな古い機械や、機器ひもづくネットワークなどが混在一元的管理するのが難しいネットワンシステムズでは「CPwE(Converged Plantwide Ethernet)」や「IEC62443」などの産業および工場分野ネットワークセキュリティ規格標準技術に、PLC製造機器ロボットセンサーなどを接続する。

 データついては、製造現場生成される膨大データネットワーク経由収集工場迅速処理するデータハンドリング基盤整備する。具体的には、ユーザー要望沿っ周期時間種別データ収集する仕組み整えるともに収集データ可視分析アプリ利用できるようにフォーマット整える

 これら実証施設なども東京都愛知県用意ユーザー検証内容確認できるようにる。

 ネットワンシステムズ 市場開発本部 ICT戦略支援 シニアマネージャー 黒田範氏は「工場IoT理想像描きつつも、価値生まれるところから順番進めくのが現実的だ。ネットワンシステムズでは『緩やか標準しなやか実装』をテーマユーザー積み上げてきた実践的現実的解決策提供く」と述べる。

 現状ソリューション大手製造象とるという今後ネットワンシステムズは、生産現場から収集IoTデータ対して、分析アルゴリズム独自組み合わせ不良品検知予知保全支援するサービス提供する計画だとる。
Source: yahoo.co.jp