BÁO TIẾNG NHẬT BÁO TIẾNG VIỆT


中国、相次ぐGDP水増し 地方「暴露」で揺らぐ統計(J-CASTニュース)

 中国は2018年年初め、2017実質経済成長が6.9なり、7ぶり成長前年上回ったと発表た。6.5前後ていた目標達成た。日本では、目標達成原因ついて、2017共産党大会拡大公共投資寄与たとの見方あり、2018減速予想れると『朝日新聞』(1月19日社説)などは報道た。

 ただし、2016おけるGDP水増し明らかなっている中国では、ほんとうGDPどのぐらいなのか、データ修正必要なってきており、最終的経済成長減速するのか、ケタプラスなるか、見通しつかない。

遼寧省続き天津蒙古自治区

 20181月11日、天津市浜は、統計方法見直し結果、2016の1生産総額が6654なりGDPは3300減少、3の1近い減少なった。

 それのぼる1月3日、蒙古自治区財政経済データ大幅偽造行われていたこと認めた。監査部門計算蒙古の2016一定規模以上工業付加価値2900審査結果削減れたが、それ工業付加価値の40占めた。この蒙古首府フフホトそのGDP総量相当する。2017年初には、遼寧省で2016GDP23水増し暴露れている。

 今月初め新華社中国の2016GDP最終的に743585確認前年同期比6.7たが、そこから蒙古自治区の2900天津の3300削減れ、実際は737385なる計算だ(遼寧省明らかたのが早かっためすでに水増し除かれていると思われる)。これは、2016全国GDP総量が0.83減少こと相当する。
Source: yahoo.co.jp